ハチ駆除専門 a.iサービス

こちらのページでは時期,種類,営巣箇所等によって様々なケースがあるハチの駆除に関する駆除例を具体的にお伝えします。

ハチの巣駆除具体例

蜂の巣駆除に関する様々なケースの具体的な例をピックアップしてご紹介します。 以下は一部となりますので状況に合わせて徹底的な駆除を実施させて頂きます。


2022年8月2日(火)

お問い合わせを頂きましたのは
とあるマンション管理組合様。

入居者様宅のベランダなどに
蜂に営巣されてしまった
というわけではなく,なんと
マンション敷地内の駐車場にて
蜂に巣作りされている
可能性がある!

ということで御連絡頂きました。

そちらの駐車場というのが
立体式の駐車場となっている
のですが,入居者様が車両の
出し入れを行うために昇降操作を
行ったところ,その都度駐車場
下部から蜂が飛び出してくるので
立駐内部に巣作りされている
かもしれない!?

ということだったのです。

昇降操作をする度に蜂が
飛び出してくるので毎回かなり
危険な状況に陥ってしまって
いたのでした。

蜂の種類はアシナガバチ。

今回のような立体駐車場内部の
鉄骨部分などにハチに営巣
されてしまうこともよくあり
それはマンション敷地内の
立駐の他,月極駐車場の
立駐などにも営巣されて
しまうことがあるのです。

特に長期間利用されておらず
全く昇降操作が行われていない
状況であればかなりの確率で
内部に営巣されてしまいます。

そして夏頃に久々に昇降操作を
行った所,内部より突然複数の
蜂が飛び出して来てパニック
状態に陥るということも
発生します。

駐車場ということは利用者様の
車両が隣接しているということ
なのでお隣様などにも影響が
及んでしまうことになるので
立体駐車場というのも注意が
必要な営巣箇所です。

今回のような箇所に営巣するのは
ほとんどがアシナガバチなのですが
この蜂に関しましてはこちらから
手出ししなければ襲い掛かり
刺して来ることはほぼありません。

しかし巣に余りにも最接近して
しまったり,巣に振動を与えて
しまうようなことがあれば
襲われ刺されてしまうことが
あるのです。

ですので今回のような立駐で
あれば昇降操作を行った際に
かなり巣に振動を与えてしまう
ことになるのでそれだけ
危険性は高いというわけです。

駐車場の管理者の方は蜂に巣作り
されてしまうということも踏まえて
定期的に点検を行っておく
ことが重要です。

迅速に御対応。

敷地内駐車場は少し広大でしたが
一ヶ所ずつ地道に調査開始。

すると,内部の鉄骨部分には
あちらこちらで過去に営巣
されていたアシナガバチの巣が
多数存在。

アシナガバチ駆除過去巣


その他の箇所にも!

立駐内部がアシナガバチの
快適に過ごせるスポットと
化していたのです。

そして蜂が飛び出してくるという
該当の立駐内部へ!

昇降操作を行ったところ,内部より
複数のアシナガバチ!

営巣確定。

内部へ突入し細部まで調査した
ところ,ありました。

アシナガバチの巣!

アシナガバチ駆除駐車場


暗闇の中に浮かび上がったのは
かなり成長したアシナガバチの巣!

巣は直径10㎝以上に成長しており
蜂の総数もかなり多数!

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除駐車場


一気に薬剤散布で現時点で
巣にいるアシナガバチたちを
全て駆除。

巣も跡形なく完全に除去。

戻りバチを退治しつつ
調査続行しますとやはり
その他の箇所でも過去に
営巣されていた痕跡などが
多数でしたので以前からかなり
標的となっていたことが判明。

そして更には駐車場に隣接
している箇所の雑草内部にも
アシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除雑草内部


こちらも合わせて駆除となり
巣も跡形なく完全に撤去。

こういった雑草内部などにも
営巣されることはよくあり
巣と雑草などが同化してしまい
なかなか発見が難しいので
草刈りなど行う際はこちらも
要注意な営巣箇所です。

かなり長時間を要しましたが
なんとか全ての箇所の調査
駆除の完了。

アシナガバチの巣駆除大量


過去の巣も含めて多数の
アシナガバチの巣駆除となった。

これでなんとか入居者様も
安心して昇降操作を行って
頂くことが出来そうです。

ですが状況が状況なだけに
今後もいつ何時内部に営巣
されるか分かりませんので
定期的に点検を行っておく
必要がございます。

そして内部に蜂が出入りして
いるのを確認した際は必ず
その時点ですぐに駆除を実施
しておくことが重要です。



2022年7月14日(木)

駆除の御相談を頂きましたのは
とある不動産管理会社様。

管理されているマンションの
出入り口エントランスに植えられて
いる植木内部に蜂の巣が
あるかもしれない!

ということで御相談頂きました。

そんな状況を疑うきっかけと
なったのがたまたまそちらの
マンションに訪問した際
該当の植木周辺で蜂の姿を
目撃し,するとその蜂はなんと
植木内部に侵入!

そしてその植木内部では
微かに羽音が響いていたので
巣作りされているかもしれない
ということでございました。

蜂の種類はアシナガバチ。

該当の植木というのが出入り口
すぐ側に位置しているため
入居者様などに影響が出てしまう
可能性のある箇所だったのです。

今回のように植木や植え込み内部に
蜂に営巣されてしまうこともよくあり
今回はアシナガバチでしたが
スズメバチも種類によってはよく
営巣することがあるのです。

植木や植え込み内部というのは
巣作りされてしまうと場所に
よってはなかなか発見することが
困難になります。

巣と枝などが同化してしまい
見分けが付きにくいからです。

そしてかなりハチに襲われ刺され
やすい営巣箇所でもあります。

それは営巣されていることに
気付かず最接近してしまったり
植木や植え込みの手入れを開始
した際などに巣に振動を与えて
しまい,ハチを刺激し一気に襲われ
刺されてしまうこととなるのです。

ですので植木や植え込みの剪定
などなさる際は必ず事前に蜂に
巣作りされていないか,蜂が
出入りしていないかどうかを
よく確認してから行って頂く様
お願い致します。

今回もマンションの出入り口
すぐ側ということなので誤って
植木に接触してしまい,巣に
振動を与えてしまう可能性の
ある箇所でした。

迅速に駆除にお伺い。

現場にて確認しますとマンション
出入口の本当にすぐ側に植木が
植えられている状況だったので危険!

しかし植木を目視で確認しましても
現時点では営巣されているのか
どうか把握出来ず。

ですのでしばらく待機し
ハチの動向調査実施。

アシナガバチ駆除エントランス


すると,来ました!

それはアシナガバチでした!

しばらく動向調査した結果
植木内部に侵入することが
確認出来ましたので営巣確定。

ですので駆除実施。

植木内部ということもあり巣にいる
アシナガバチたちに完全に
薬剤がかからないこともあるので
慎重にまんべんなく薬剤注入!

すると内部では羽音が響きました
ので既に複数の働き蜂が
生まれている状況。

しばらく格闘し内部の蜂たちを
全て駆除出来たところで
巣の撤去実施。

すると植木の奥深くに営巣されて
おり,直径6㎝程の巣。

アシナガバチの巣駆除植木内部


跡形なく完全に撤去完了。

アシナガバチの巣完全撤去


そして死骸も全て回収。

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチを捕獲し退治。

そして念のためマンション敷地内
その他の箇所も細部まで調査。

するとマンション敷地内では
現時点では問題なかったのですが
お隣様の敷地内軒下などにも
アシナガバチの巣が存在!

やはり周辺が活発なアシナガバチの
活動エリアとなっているようです。

状況が状況なだけに今後も敷地内の
点検を定期的に行っておく必要が
ありそうです。

最終的に戻りバチをほぼ駆除出来た
ところで全てのアシナガバチ駆除
作業の完了。

アシナガバチの巣サナギ


これで安心してマンションの出入りを
行って頂くことが出来そうです。

今回は管理者の方がたまたま蜂の
出入りを確認出来たため,異変に
気付くことが出来ましたが植木や
植え込み内部に営巣されて
しまうと,なかなか発見が困難に
なるので剪定などなさる際は
事前にハチの出入りが無いか
よく確認してから行って頂く
ことが重要になります。



2021年8月5日(木)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産会社様。

管理されているテナントの勝手口に
蜂に巣作りされているのを
発見し緊急の連絡を受けた!

ということでございました。

そんな連絡を受け,念のため
周辺の戸建て管理物件なども
よく点検してみたところ、なんと
戸建て空き家物件などにも
複数箇所に渡り、巣作りされて
いるのを確認なさったのでした。

蜂の種類は詳しくヒアリング
させて頂いた結果、アシナガバチ。

アシナガバチに関しては今回の
ような事態がよく発生します。

一物件に巣作りされていたと
思えば周辺のご近所様でも営巣
されており、至る箇所に巣作り
されてしまうということが
よく発生するのです。

それは時が経過すればするほど
発生しやすくなりますので
アシナガバチの巣に関しては
出来る限り早期に発見し早期に
駆除しておくことが重要です。

そして空き家物件というのは
特に蜂の標的となりやすく
どうしても発見が遅れてしまい
巣が巨大化し、そして蜂の数も
かなり増加してしまうことになる
のでかなり注意が必要です。

今回の周辺の空き家物件は
管理会社様が定期的に点検し
状況を把握出来ているので
まだ良いのですが、空き家物件に
よっては全くどなたも関わりの
ない状況であることもあり
そうなれば蜂に巣作りされて
しまうと危険な状況に陥って
しまうこともあるのです。

そのような状況では住宅街など
であればやはりお隣様などご近所の
方が異変に気付き蜂の巣を発見
するということが多くなり,最悪の
ケースでは第三者の方が刺されて
しまうことになってしまい,大変な
事態に発展することも
あるのです。

そして所有者の方に緊急の
連絡が入るというわけです。

もしもかなり離れた地域に
お住まいであれば急にそんな
連絡が入ればかなり驚かれる
ことは間違いなく、そしてかなり
切羽詰まった状況に陥ってしまい
ますのでそんな状況を回避する
ためにも出来る限り定期的に
訪問し点検を行っておくことが
重要になります。

迅速に駆除にお伺い。

まずはテナント物件の確認。

それは勝手口出てすぐの窓の
窓枠部分に巣作りされており
巣は握りこぶし大に成長し
アシナガバチの巣!

アシナガバチの巣駆除勝手口


そしてふと頭上を見上げると
なんと軒下部分には複数の
アシナガバチの巣を確認!

今シーズンの巣もあれば
過去に営巣されていた巣も!

アシナガバチの巣駆除軒下


やはり以前からアシナガバチの
標的となっていたということ。

状況が把握出来ましたので駆除。

まずは窓枠部分から一気に薬剤
散布で全てのアシナガバチを駆除し
巣も跡形なく完全に除去。

次に軒下部分も薬剤散布後
全ての巣を完全に除去完了。

巣に戻ってくる戻りバチを退治
しつつ、空き家物件の調査へ。

するとそれは空き家物件玄関先
すぐ頭上の天井部分に巣作り!

アシナガバチの巣駆除天井


そして更に別物件では一階頭上の
瓦屋根部分にこびりつける形で
巣作りされており、こちらは
巣は直径10cm以上に成長!

アシナガバチの巣駆除空き家


どちらも物件前の通りに面した
箇所に位置していたため
通行人の方々にも影響が
及んでいる状況でした。

それぞれ慎重に巣に最接近し
一気にアシナガバチ駆除後
巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去


全ての巣を確認しますと
幼虫もサナギもかなり多数
でしたので今後更に蜂の数は
増加していたことでしょう。

アシナガバチの巣駆除多数


全ての巣の戻りバチを駆除し
ほぼ退治出来たところで駆除
作業の完了となりました。

今回駆除した以外にも
周辺では蜂の飛翔を確認
しましたのでやはり周辺が
活発なアシナガバチの活動
地域で間違いないので今後も
要注意となります。

特に空き家物件に関しては
標的となる確率がかなり高いので
今後も定期的に全域の点検を
行って頂き、早期に発見、早期に
駆除を行っておくことが重要です。


ハチ駆除具体例2020

2020年駆除具体例

ハチ駆除具体例2019

2019年駆除具体例

ハチ駆除具体例2018

2018年駆除具体例

ハチ駆除具体例2017

2017年駆除具体例

ハチ駆除具体例2016

2016年駆除具体例

ハチ駆除具体例2015

2015年駆除具体例

お問い合わせは今すぐお電話!

050-3716-8322 (受付時間 年中無休24時間)