ハチ駆除専門 a.iサービス

こちらのページでは時期,種類,営巣箇所等によって様々なケースがあるハチの駆除に関する2016年度の駆除例を具体的にお伝えします。

ハチの巣駆除具体例2016

蜂の巣駆除に関する様々なケースの具体的な例2016年をピックアップしてご紹介します。 以下は一部となりますので状況に合わせて徹底的な駆除を実施させて頂きます。


8月19日(金)

お電話を頂きましたのは
40代の女性。

御自宅二階のトタン屋根部分に
ハチに巣作りされてしまったという
ことでハチの種類はアシナガバチ。

巣の大きさは直径10cm程。

最近になり周辺にてハチを目撃する
と思っていたら,頭上の遥か上の方に
蜂の巣があったのでかなり驚かれた。

かなり高さのある箇所ですので
高所作業となります。

迅速にご対応で該当箇所を確認
しますと,それは遥か頭上の
トタン屋根部分に巣作り
されておりました。

アシナガバチの巣。

かなり頻繁にハチが巣へ出入り。

しばらくハチの動向調査を行い
その他の箇所で巣作りされて
いないかどうかを確認しますと
どうやら周辺の他では巣作り
されていない様子。

ですので駆除実施。

少々高さのある箇所でしたので
足下に注意を払いつつ
巣に最接近。

そして一気に薬剤散布で巣にいる
アシナガバチたちを全て退治し
巣も跡形なく完全に除去。

周辺全域には薬剤をまんべん
なく散布し残留処理。

最終的に巣に戻ってくる戻りバチを
地道に駆除しほぼ退治出来た
ところでハチ駆除作業完了
となりました。

今回の巣作りされた箇所はかなり
高さのある箇所でしたので予防策を
講じて頂くのは困難ですので
定期的に点検を行って頂き,ハチに
巣を作られたとしても早期に発見
早期に駆除することが重要です。

アシナガバチ駆除トタン屋根



アシナガバチの巣駆除トタン屋根




7月29日(金)

お電話を頂きましたのは
40代の女性。

御自宅二階ベランダに設置されて
いるエアコン室外機底面部分
裏側にハチに巣作りされて
しまったということでハチの
種類はアシナガバチ。

巣の大きさは直径5~6cm程。

時期的に考えまして巣の大きさは
それほど大きくありません。

もしも春先頃から巣作りしていた
のであれば平均サイズは直径10cm
前後に成長しているのです。

これは恐らく近辺にその巨大な巣が
あり,そちらから新たに移動してきて
巣作りを行っているということが
考えられるのです。

ですので室外機部分の蜂の巣
駆除プラス全域の調査を行う
ことが重要になってきます。

迅速にご対応。

該当の室外機を確認しますと
アシナガバチの巣で直径7cm程。

こちらはこちらで多数のハチが
羽化しているようで数十匹。

とりあえず駆除実施で巣にいる
アシナガバチたちを全て退治し
巣も跡形なく完全に除去完了。

巣にいたアシナガバチたちを確認
しますと,やはり最近にこちらへ
やって来て巣作りを行っていた様子。

今回は室外機の外側部分に巣作り
されておりましたが,室外機に
関しましては内部にアシナガバチが
侵入し巣作りすることもよくあります
ので室外機=アシナガバチといっても
過言ではありません。

ですので全くご使用になられていない
エアコンなどがあればかなり要注意
ですのでそんな室外機には必ず
カバーを被せるなどしてハチに侵入
されないよう防止することが重要です。

そして最終的にお家全域の調査。

するとどうやらお客様宅では
他で巣作りされていない様子。

何処かご近所の別箇所にて
巣があるのでしょう。

お客様には状況をご理解頂き
今後は定期的に予防策を講じて
頂くようお願い。

今回のケースのようにある程度
巣が大きくなってくるとそこだけに
留まらずどんどんと巣が増えて
いってしまいますので蜂の巣は
出来るだけ早期に発見し早期に
駆除することが重要でございます。

アシナガバチ駆除室外機



アシナガバチの巣駆除室外機




7月17日(日)

お電話を頂きましたのは
30代の男性。

御自宅はマンション一階でベランダの
天井あたりにハチに巣を作られて
しまったということでハチの種類は
アシナガバチということです。

巣の大きさは直径5cm程でこの
時期の平均サイズを下回ります。

もしも春先頃から巣作りを行って
いたのであれば直径10cm程に
成長しているのです。

これは恐らく近辺にて春先頃から
巣作りしていた巨大な巣があり
そちらから移動してきて新たに
巣作りを行っていると考えられます。

詳しくお聴きしますとつい十日程
前に別箇所にて少し大きめの巣を
作られていたのですがそれは業者様
に駆除して頂いたそう。

もしかすると,そちらのハチが
実はこっそりとベランダの天井
部分にも巣作りしていた
可能性もございます。

ただアシナガバチに関しましては
周辺がかなり活発な活動地域と
なっていると思われますので
その他の箇所でも多数巣作り
されているはずです。

ですのでその内のいずれかの巣から
やって来たとみて間違いないでしょう。

最終的にベランダの蜂の巣駆除
プラス周辺の調査をしっかりと
行う必要がございます。

迅速にご対応で該当の
ベランダを確認しますとやはり
アシナガバチの巣で直径5cm程。

数匹のハチがいる様子。

とりあえずはこちらの蜂の巣の
駆除から実施。

全てのハチを退治後,巣も
跡形なく完全に除去完了。

そしてここからは全域の調査。

ベランダのエアコン室外機や
窓サッシ下部などなど。

全て調査させて頂きましたが
どうやらお客様宅では現段階では
巣作りされていないことを確認
出来ました。

数匹の巣に戻ってくる戻りバチの
駆除もほぼ出来ましたので
完了です。

念のため全域には薬剤散布し
残留処理。

詳しくヒアリングしますとどうやら
お客様宅のみならず同マンションの
別のお宅でもつい先日大きな
アシナガバチの巣を駆除した
ということでしたので恐らく
それらの内からやって来たとみて
ほぼ間違いないでしょう。

今回のケースのように現場によって
様々なケースがあり,時期にみあった
巣の大きさなのか,などなど。

それらをしっかりと現場にて把握し
調査駆除を行うことが重要です。

アシナガバチ駆除ベランダ



アシナガバチの巣駆除ベランダ




6月21日(火)

お問い合わせ頂きましたのは
50代の男性。

御自宅敷地内の壁の隙間あたりに
ハチに巣を作られてしまったという
ことでご連絡頂けました。

こちらのお客様は毎年のように
ハチに巣を作られており,その都度
弊社でお世話になっているお客様。

ハチの種類はアシナガバチ。

今回はまだ巣の大きさは直径
3cm程だということです。

去年にお伺いさせて頂いた時は
同じ時期の6月頃にお伺いさせて
頂いたのですが,別箇所にて
巣作りされておりその際は直径
6~7cm程に成長しており働き蜂
たちも多数羽化していたのです。

本来であれば時期的に考えまして
巣の大きさは直径6~7cm程に成長
しているのが平均的なのです。

そして巣の内部の幼虫たちは多数
羽化しており働き蜂の数は増えて
いるといった状況なのです。

ですので直径3cm程の巣の大きさと
いうのは春先の頃の平均サイズ
ということになりますのでこれは
どういったことが考えられるかと
申しますと,元々近辺の何処かに
春先の時期から巣作りしていた
箇所があり,そちらから新たにこちらへ
やって来て巣作りを開始している
といったことが考えられます。

元々の巣とこちらの巣を同じ
女王蜂が兼務しているといった
こともあるのです。

あるいはその他の箇所で巣作りして
いたのですが,何らかの異常が発生し
そちらの巣を離れざるを得なくなり
こちらで新たに巣作りを開始して
いるといったことも考えられます。

ですのでそちらの蜂の巣の駆除のみ
ならず,必ずお家全域の調査を実施
することが重要になって参ります。

迅速にご対応となり現場に到着。

該当箇所を確認しますとやはり
アシナガバチの巣で間違いなく
巣の大きさは初期サイズ。

そして巣には一匹のハチの姿。

こちらのハチはどうやら女王蜂の
ようですのでこちらの巣の主という
ことになります。

大きさから判断しましてまだ内部の
幼虫たちは羽化していないものと
思われます。

とりあえず駆除実施。

巣にいるアシナガバチを駆除し
巣も跡形なく完全に除去。

蜂の巣は根元に頑丈にこびりついて
いるのですがその根元の巣の素材
まで全て残すことなく除去する
ことが重要なのです。

そして巣の内部を確認しますと
やはりまだ内部の幼虫たちは数匹が
サナギ状態となっている段階でして
まだ働き蜂たちは生まれていない
ようですので,まだこちらの巣に
対して女王蜂が一匹のみの
状況であるということです。

ですので近辺に元々巣作りしていた
もっと大きく成長している巣がある
可能性がございますのでお家
全域の調査を実施することに。

各箇所を細部まで徹底的に調査。

そしてその都度各箇所には薬剤を
まんべんなく散布し残留処理。

どうやらお客様宅のその他の箇所
では巣作りされていない様子。

ですので総合的に判断しまして
お客様宅以外の何処かに大元の
巣があり,そちらでは働き蜂たちが
一生懸命子育てを行っているのか
あるいは元々巣作りしていた巣が
何らかの原因で離れざるを得なく
なり,こちらへやって来たという
ことが考えられそうです。

とりあえず今回は巣に女王蜂がおり
そちらと巣をセットで駆除出来て
おりますのでこちらの巣に関しては
問題なさそうです。

お客様には去年同様各箇所に
対する注意点並びに対策等を
お伝えさせて頂き,今後も
定期的に点検を行って
頂くようお願い。

このようにして全てのハチ駆除作業
の完了となりました。

今回のようにアシナガバチ駆除の
ケースでもその時期相応の巣の
大きさなのか,などを的確に判断し
その状況に合わせた駆除及び
調査をキッチリと行い,状況を把握
することが重要になって参ります。

アシナガバチ駆除玄関先



アシナガバチの巣駆除玄関先




4月16日(土)

お問い合わせ頂きましたのは
大阪府守口市のとある
不動産会社様。

管理物件の顧客様より緊急の
連絡を頂いたということで
ハチに関してのご連絡。

しかしながらハチの種類なども
全く分からない状況。

把握出来たのは御自宅の
構造等のみ。

とりあえず御電話では大まかな料金
のご説明をさせて頂き,現場で判断
させて頂くことになりました。

御電話の様子からかなりお急ぎの
ように感じましたし,時期が時期
だけにもしかするとハチの種類は
ミツバチではないか
という推測が頭をよぎります。

過去にもこういったケースはよく
ございまして現場では一見かなりの
緊急事態となっていることが
あるのです。

それはミツバチならではの特殊な習性
があり,特にこの時期(4月~5月)
によく発生することで,ある時急に
御自宅の例えば軒下や植木の
枝部分などに大群のミツバチが
集まり出し,周辺ではミツバチが
かなりブンブンと飛び回るという
非常事態が起こるのです。

これは何処か周辺に元々ミツバチの
巣があり,暖かくなったこの時期に
そちらの巣から約半分程のミツバチ
たちが新しく巣作り出来る箇所を
探すために一斉に飛び立ち
大移動を開始し出すのです。

そして場所を選ばず大移動の最中に
一ヶ所に集まり待機している
こういった現象が起こります。

その待機は即日で終わり再度
大移動を開始し出すこともあれば
長期間に渡って続くことも
ございました。

そして待機している箇所にそのまま
巣作りを行うこともありますし
待機している箇所のすぐ近くに
巣作りすることもございます。

あるいは待機していると思われた
箇所の側に実は元々のミツバチの
巣があった!

ということもございました。

今回のケースでもそのいずれか
であると思われます。

緊急事態ですので迅速にご対応。

現場に到着するなりすぐに
お客様宅と判断出来ます。

周辺ではハチが飛び回っている!

やはりミツバチでした。

どうやら二階の屋根先端の雨どい
部分に群がっている様子。

これは大移動の最中に待機している
ということ以外に重要なのが
そちらの雨どい付近の壁に隙間
などが出来てしまっており屋根裏
などへ通じてしまっていないかどうか
ということの確認です。

もしも通じてしまっていてそちらから
出入りしているのであれば
元々そちらに巨大なミツバチの
巣があるかもしれない
あるいは新たにそちらへ巣作りを
開始しているかもしれない
ということが考えられるからです。

ですので玄関先では非常事態宣言が
発令されておりますがとりあえず
屋根裏の状況を確認することに。

幸いお二階の押入れ内より屋根裏へ
出ることが可能でしたので確認。

細部まで調査させて頂きましたが
どうやら屋根裏内にて巣作りは
されていなかった様子。

ホッと一息です。

ということは雨どい付近に巣作りを
行うとはあまり考えられませんので
待機中であるということが
濃厚のようです。

このケースではもしかすると
すぐに大移動を開始し,跡形なく
消え去ることも考えられますが
お客様のご要望もあり現時点で
駆除実施となりました。

はしごを使用し雨どい付近に
近付くと大群のミツバチさんが
こちらを出迎えてくれます。

ミツバチは基本襲ってくることは
ないのですが,やはり1度敵と認識
されてしまいますと,一気に体当たり
で突っ込んできます。

正にそのような状況ですが
一気に薬剤散布でミツバチ駆除。

そちら周辺を確認しましたがやはり
巣作りはされていない様子。

ミツバチの場合,他のハチと比べ
ハチの個体数が桁違いに多いので
意外と駆除は難航します。

そして長時間を有します。

かなり地道に退治しますとほぼ退治
出来た様子ですので完了です。

そして最終的に御自宅反対側の
箇所なども念のため調査し
ミツバチが群がっていないか,出入り
していないかなどを確認。

待機していた箇所からすぐ側で
巣作りしているということも
あるため必ず必要な作業です。

そして全て問題なしと判断出来たら
全てのミツバチ駆除作業の完了
となります。

今回のお客様宅では本当にたまたま
ミツバチの待機場所となってしまった
ため,とんだ災難となりました。

これはどなたのお宅でもあり得る
事態ですのでそんな状況になって
しまった時はどうか落ち着いて
行動して頂き,ご近所様にも一言
お伝えすることが重要でございます。

ミツバチ駆除雨どい



ミツバチ駆除雨どい


お問い合わせは今すぐお電話!

050-3716-8322 (受付時間 年中無休24時間)