ハチ駆除専門 a.iサービス

こちらのページでは時期,種類,営巣箇所等によって様々なケースがあるハチの駆除に関する2017年度の駆除例を具体的にお伝えします。

ハチの巣駆除具体例2017

蜂の巣駆除に関する様々なケースの具体的な例2017年をピックアップしてご紹介します。 以下は一部となりますので状況に合わせて徹底的な駆除を実施させて頂きます。


8月6日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産会社様。

こちらのお客様は以前から蜂の巣
駆除の御依頼を頂いている
お客様でして管理されている
物件にて蜂に巣作りされて
しまった際は弊社が駆除
させて頂いているのです。

今回は管理物件長屋の軒下に
蜂に巣作りされてしまったという
ことで入居者様から連絡が
入ったということでした。

蜂の種類も状況も分からずという
ことでしたので現場にて状況を
確認することになり迅速にお伺い。

現場は大阪府守口市。

該当箇所を確認しますとそれは
アシナガバチの巣。

アシナガバチ駆除長屋軒下


お隣様と隣接している長屋の軒下
部分に巣作りされておりました。

入居者様に詳しくお聞きしますと
そのアシナガバチの巣を発見
したのはお隣様だったそうで
そちらの方から連絡が入った
ということでした。

そちらの長屋にお住まいの方々
には裏手に位置していたため,全く
影響が無い箇所だったのですが
お隣様からするとそちらはベランダに
位置しているため,蜂がブンブン
飛び回っておりかなり影響が
出てしまっていたのです!

こういったこともよくある事でして
対象のお宅の方には影響は
無いのですが裏手などに巣作り
された場合はその裏手のお宅
などに影響が出てしまう
ということです。

そうなってしまうと思わぬ二次被害
などが発生する恐れも十分
ございますので御自宅全域の
点検を定期的に行うのは
もちろんのこと,裏手の完全な
死角なども必ず点検しておく
ことが重要です。

早速駆除実施で巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除長屋軒下


巣にはかなり多数の
アシナガバチの姿!

巣の内部の幼虫たちがほぼ羽化
している状況だったのです。

一気に薬剤散布で巣にいる
アシナガバチたちを全て退治。

そして巣も跡形なく完全に撤去。

巣の内部を確認しますと全ての
アシナガバチたちが羽化しており
蜂の総数は軽く30匹以上!

巣には幼虫がいない状況ですので
子育てを行う必要はなく,ほぼ全ての
アシナガバチたちが巣にいた状態
でしたが念のためその後もしばらく
待機し,戻りバチがいればその
都度駆除実施。

ほぼ駆除出来たところで全ての
アシナガバチ駆除の完了です。

周辺の調査を実施しましたところ
こちらの長屋部分のみならず
ご近所でもやはり同じくアシナガ
バチが巣作りしている様子。

周辺が活発なアシナガバチの活動
地域となっているということです。

今後も入居者様の方々も敷地内の
ベランダなど定期的に点検を行って
頂き,アシナガバチに巣作りされて
しまったとしてもその時点ですぐに
駆除を行って頂くことが重要です。



7月17日(月)

お電話を頂きましたのは
大阪府守口市在住の女性。

御自宅庭の植木の枝部分に蜂に
巣作りされてしまったということで
蜂の種類はアシナガバチ。

巣のサイズは直径10cm
前後に成長。

そして更にはすぐ側の植え込み
内部にも同じくアシナガバチの巣。

なんと二ヶ所に渡ってアシナガ
バチに巣作りされていたのです!

お気付きになられたきっかけは
そちら近辺の窓から何気なく
お外を眺めていたところ,なんと
蜂の姿を多数目撃!

そしてそれらは頻繁に
植木の部分へ!

よく確認してみたところ,なんと
そこには立派な蜂の巣があった!

そしてふと足元に目をやるとなんと
そこにも蜂の巣があった!

御自宅が蜂の巣だらけになって
しまっていた!

そして別の窓からは更にっ!!

そちらはお隣様の敷地内の
お庭の植え込み内部!

同じくアシナガバチの巣がっ!

驚愕の事態にすごく
驚かれたようです。

アシナガバチのケースでは
このような事態はよくある事でして
一軒のお宅のみならず数軒に
渡って巣作りされていることが
かなり多くあるのです。

周辺がかなり活発なアシナガバチ
の生息エリアになっているという
ことが主な要因となりますので
そういった地域にお住まいの方は
出来る限り定期的に御自宅
全域の点検を行って頂き,予防
出来る箇所はその都度
予防していくことが重要です。

そしてお庭の植木や植え込みなども
蜂の種類を問わずかなり標的と
なってしまう箇所ですので定期的に
お手入れをし巣作りされにくい
環境を整えておくことも重要です。

迅速にお伺いで現場に到着し
該当の植木をまずは確認しますと
それはアシナガバチの巣で間違い
なく,巣の大きさは直径10cmに
届く程に成長。

アシナガバチの巣駆除植木枝


こちらの蜂はアシナガバチの中でも
体のサイズは小さいのですが
あらゆる箇所に巣を自由自在に
広げていくことの出来る
アシナガバチになります。

そして本当にすぐ側の植え込み
内部にも同種のアシナガバチが
巣作りしておりました。

こちらは巣の大きさは直径6cm程
ですが,かなり多数の働き蜂が
羽化しているようで頻繁に
巣へ出入り。

アシナガバチの巣駆除植え込み


まずは植え込み内のアシナガバチ
の巣から駆除実施で一気に
薬剤散布!

巣にいるアシナガバチを全て退治し
巣も跡形なく枝ごと撤去。

巣に戻ってくる戻りバチを駆除しつつ
次に植木内部の巣の駆除。

こちらも多数の蜂がおりましたが
同様に全て駆除し巣も
跡形なく撤去。

そしてここからは巣に戻ってくる
戻りバチを駆除しつつ,その他の
箇所も細部まで調査。

すると,お客様が発見なさっていた
お隣様の敷地内の植え込み内
にもアシナガバチの巣を確認。

しばらく蜂の動向を調査したところ
なんとすぐ側の植木にも巣作り
されていることが判明!

更にはお隣様の窓サッシ下部にも
同種のアシナガバチの巣!

どうやらお隣様もかなり標的に
なっていたらしく複数箇所に
渡って巣作りされていたのです!

そして・・・

お客様宅のその他の植木も
調査したところ,なんとっ!

別の植木内部にもアシナガバチ
に巣作りされていたのです!

アシナガバチ駆除植木内部


こちらは先程駆除したアシナガバチ
の巣よりも少しサイズは大きく成長
しており,直径10cm以上に成長!

アシナガバチの巣駆除植木内部


蜂の動向はこちらの植木の方が
かなり頻繁に蜂が巣へ出入りして
おりましたのでこれが本命という
感じでございました。

合わせて駆除となりこちらも同様に
全てのアシナガバチを退治し
巣も跡形なく完全に撤去。

お客様宅でも三ヶ所に渡って
巣作りされていたのです!

その後もそれぞれの巣に戻ってくる
戻りバチが多数でしたのでそれらを
地道に退治しほぼ駆除出来た
ところで全てのハチ駆除作業の
完了となりました。

今回のケースのように時期が経過
すればするほど蜂の巣はどんどんと
広がっていってしまいますので
いかに早期に発見し早期に駆除
出来るかがポイントとなりますので
今回のお客様も今後は定期的に
御自宅全域の点検を行って頂き
蜂の巣を発見した時点ですぐに
駆除をご検討頂くことが
重要でございます。

そして予防出来る箇所はその都度
予防策を講じて頂くことが重要です。



7月1日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府守口市のとある
介護施設様。

敷地内のお庭の植木の枝部分に
ハチに巣作りされてしまった
ということで,発見なさった
きっかけは近辺にて職員の方が
作業なさっていた時,やたらと
周辺でハチがブンブン!

そして中にはこちらに向かってくる
ハチの姿も!

一時作業は中断!

何事かと思い,辺りをよく確認
したところなんと植木の枝部分に
蜂の巣があった!

こういうことでございました。

ハチの種類はもしかしたら
スズメバチかもしれないという
ことでしたが詳しくお聞きした結果
どうやらアシナガバチのよう。

巣の大きさは直径6~7cm程。

恐らく時期的に巣の内部の幼虫
たちが多数羽化し働き蜂の数は
増加していることでしょう。

今回のケースのように植木の
枝部分や生け垣内部などにも
アシナガバチやスズメバチが
よく巣作りを行います。

この時期以降にお庭の手入れや
植木の剪定などをなさる際は
かなり要注意となります。

時期的にどの種類のハチでも
どんどんと巣は大きくなっていますし
ハチの数もかなり増加しております
ので作業前に必ず植木内部などへ
ハチが出入りしていないかどうかを
よく確認してから行うことが重要です。

毎年蜂の巣があるのに気付かずに
剪定を開始してしまい,ハチに
襲われ刺されてしまう方がおられ
ますので要注意ポイントとなります。

お庭の手入れや植木の剪定は
できる限り春先頃から定期的に
行って頂き,ハチの標的となりにくい
環境を構築しておくことも重要です。

今回のお客様は異変に気付き
すぐに作業を中断し周辺の点検を
行って頂けましたので刺されたり
されることはございませんでした。

作業を開始して頂くためにも
迅速にご対応となり現場に到着。

該当の植木を確認しますと
やはりアシナガバチの巣で
間違いなく植木の枝部分に
垂れ下がる形で巣作り。

巣の大きさは直径6cm程。

多数の働き蜂たちが既に羽化
しており,ほとんどの働き蜂が
子育て及び巣作りに参加して
いるようで頻繁に巣へ出入り
しておりました。

申し訳ないのですが一気に薬剤
散布で巣にいるアシナガバチ
たちを全て退治。

巣も枝ごと跡形なく完全に撤去。

巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫やサナギ状態のものが
たくさん。

恐らくもう少し時期が経過して
いると枝部分は不安定なため
すぐそばの居心地の良い箇所へ
と引っ越ししていた可能性も
考えられました。

その後も餌などを捕獲しに出掛けて
いるアシナガバチたちがそれぞれ
定期的に巣へ戻ってきますので
それらを地道に駆除していきます。

そしてそれと並行しましてその他の
施設全域の調査も実施。

現段階ではその他の箇所では
アシナガバチによる営巣の確認は
ございませんでしたがやはり
植木の枝部分のみならず今後
必ず注意すべきポイントが多数
ございましたので今年だけに
限らず翌年以降も春先頃からは
定期的に点検を行って
頂く必要がございます。

そして今回のようにハチに巣作り
されているのを発見した際は
人間の迷惑にならない箇所
以外はすぐに駆除をご検討
頂くことが重要でございます。

アシナガバチ駆除植木枝



アシナガバチの巣駆除植木枝


お問い合わせは今すぐお電話!

050-3716-8322 (受付時間 年中無休24時間)